会社案内デザインのコツとは

Pocket

会社案内は取引先の開拓やリクルートの会社説明の時に必要な資料として役立てられ、
その会社の理念やサービス内容を知ってもらうための明確なデザイン、分かりやすさについて、作成される時に追及されます。
会社案内デザインにはコツがあって、その作り方を把握しておけば、力強い会社のツールともなりえます。

まずは会社案内を作るにあたって、おもなターゲットを決めます。これから作成する会社案内がどういう場面で使われるのかによって、
会社案内デザインが決まってきます。
大きく分ければ新規の取引先への案内として作成するならば、サービス内容や商品の説明、事業の案内をアピールしたデザインになります。
就職希望の学生に向けたリクルートの案内として使用するものであれば、職場紹介や社員の紹介、事業・サービス内容など興味を持ってもらえるように、
写真やイラストも多く交えてデザインすることがコツとなります。

会社案内にはおもな構成要素があり、枠組みを決めて作成することが、まとまりのある会社案内デザインとなります。
構成要素には企業理念、代表の挨拶、業務の紹介、社史、設立年や所在地や資本金などの会社概要があります。
その会社のサービスを知ってもらうために分かりやすい掲載を目指してデザイン構成をすすめます。
そして、会社案内の仕様を決めていきます。
冊子の形式でもパンフレットの形式でもさまざまな様式があります。
この時に印刷する用紙も決めておくと会社のイメージにもつながります。仕様が決まったら各々のページの構成を詰めていきます。