会社案内デザインのレイアウトについて

会社案内は、自分の会社を知ってもらう上でとても大切な役割を果たします。会社案内がわかりやすいものになっていれば、相手にどういった企業なのかを知ってもらいやすくなり、事業のサポートになることもあります。
会社案内デザインは、レイアウトを工夫することでより見栄えの良いものになります。例えば、一番伝えたいキーワードをどんなフォントにするか、どの大きさにするかなどは、全体の中でも重要な項目の一つとなります。また、イメージに合ったイラストや写真を効果的に配置することで、全体のイメージが整い、より堅苦しさのない、見やすいものになります。そして、途中に図を使うと目につきやすいので、見やすい位置に図を配置するというのも効果的です。また、レイアウトによって目につきやすいページとそうでないページが出てくることもあります。例えば、一番最初に読者が見るのは表紙で、その次に見るのは表紙をめくったところになります。そこに大切な情報を配置するのも一つの方法ですし、逆に間のページの端の方などは目につきにくいこともあります。そういった違いをもとにどこにどんな情報を配置するのか考えるというのも大切になってきます。会社案内デザインは、読み手側の気持ちを考えて、どうしたらより読みやすく、わかりやすくなるのかをきちんと考えなければなりません。そういった工夫をすることで、読者にとってよりわかりやすい会社案内デザインになります。

会社案内デザイン費用を削減するには?

会社案内というのはどのような企業でも必要な資料です。事業を拡大するために企業を回る場合にも必要ですし、一般顧客を相手にする商売であれば頻繁に配布する必要もあるでしょう。この様な目的のために制作される会社案内ですが、多くの人の目を引くデザインにする必要があります。まずは何よりも手にとって見てもらえなければ何も始まらないのです。
そのため会社案内デザインというのは重要です。限られた予算の中で最良のものを得るためには多くの知恵を絞ることになるでしょう。しかし目を引くデザインに拘ってプロのデザイナーに会社案内デザインを依頼すると、それだけでかなり大きなお金がかかってしまいます。しかし費用を削減するために社内スタッフでデザインをしてしまうと確かに安く会社案内デザインができる半面、求心力に欠けたものが出来てしまう可能性も否めません。
この様な問題をまとめて解決してくれる方法として、印刷会社を活用する方法があります。これは物理的な会社案内を作成する場合に特に有効な手段ですが、印刷会社側にデザインを依頼するという選択肢が最近では採用されています。印刷会社の内部にはプロではないにしても企業向けのデザインを手掛ける専門スタッフが控えていることが多くなってきました。これは印刷業者が他との差別化を図る過程で導入するケースが増えているからなのですが、印刷を依頼する代わりにデザインを請け負ってくれるという仕組みを作ることもできるのです。

会社案内デザインにおいて重要なこと

会社案内は企業の顔のひとつです。馴染みのない取引先や入社を希望する人材が、会社案内によって企業へのイメージを変えてしまうかもしれません。誰からも好印象を持たれる会社案内デザインは、大切な情報戦略の一環ともいえます。
会社案内デザインにおいて重要なことの第一は、企業のブランドイメージを守ることです。美しい写真や洗練されたレイアウトは人目を惹きますし、色使いや紙質で高級感や安定感を表現し、企業の個性を印象づけることも可能です。無論コーポレートカラーがあれば正確に再現し、ロゴの書体等も歪みなく表示しなければなりません。
けれども、これと同等以上に重要なことは、見やすく分かりやすいことです。必要な情報が容易に発見できること、文章が平易で誰が読んでも理解できることは、取引先企業などには特に重視されます。デザイン性に優れていても、何が言いたいのか分からない会社案内は、独りよがりとして嫌われることも少なくありません。また奇をてらった仕様のせいで持ち運びにくかったり、ハンディキャップのある人が読めなかったりするのも、会社案内デザインとして優れているとはいえません。会社案内は、あらゆる人の目に触れることを意識する必要があります。
会社案内は、ある意味でアートに近い製品ではあるものの、あくまでビジネスツールとして機能しなければなりません。このあたりのバランス感覚が、会社案内デザインで求められるポイントと言えるでしょう。