Pocket

ここ数年、東京などの都心で注目されているのが、新しい葬儀のスタイルである「家族葬」です。

これには、明確な定義はなく、家族や親しい友人を中心とした少人数のお葬式の総称です。
少子高齢化の世の中により、注目が集まっています。
基本的に、式の流れや必要なことは一般的な葬儀と変わりがありません。
しかし、少人数で行うため、一人一人の想いが反映しやすく、故人とのお別れの時間を十分にとることが出来ます。
ゆったりとした時間の中で、あたたかく見送ることもできます。
また、親せきや近所付き合いが少ない方にもお勧めです。

家族葬の良い所は、日程の設定が自由なほか、料金体系も様々に選択ででき、各家庭のスタイルに合わせた葬儀が可能なところです。
お金をかけたい部分とそうでない部分にも、対応してくれます。
料金的にも、比較的「一般葬」よりお安くできます。
場合によっては会場だけでなく、自宅でもできます。

最近では、殆どの葬儀会社が、家族葬を扱っているので、気になる方は、一度話を聞いてみるとよいでしょう。
相談しておくことで、急な事態にも焦ることなく、対応することが出来ます。

葬儀は、故人を見送るための、最初で最後の事ですから、残された家族にとっても後悔がない式にしましょう。