Pocket

葬儀をとり行う場合には大きく分けて3つの費用がかかります。それは葬儀自体に関してや、それに伴う飲食、また、お寺などに支払うものを上げることができます。
横浜における葬儀は斎場を利用する場合がほとんどです。それは、都市部においては、住宅が密集していたりマンションやアパートであったりと執り行うには難しい面があるからです。横浜では公営の斎場が完備されていることもあり、市民の場合には安く施設を使うことができるようになっています。但し、私営の斎場においては必要な手配を受け付けていないために業者に依頼をするようになります。

相場に関しては、推奨とされている業者は全て料金を明示しており、定額の場合も含めて遺族が分かりやすい見積金額を出してくれます。内容はほとんどが家族葬・密葬、火葬式・直葬、そして一般葬と提示している業者が多く、オプションに関しては見積提示となっています。金額的には家族葬・密葬で約30万円、火葬式・直葬においては約10万円、一般葬においては約35万円からと各々の業者が金額を出しています。金額を打出していない場合には「要問合せ」となっており、打合せ時に見積を依頼することで金額をはっきりとすることができます。注意をしなければならないのは葬儀ブローカーの存在で、業者に依頼をする場合には料金などや内容などに関して、しっかりと確認をする必要があります。