Pocket

横浜葬儀豆知識として、供花と献花の違いを知っておくと良いでしょう。
葬儀において、花はとても重要な役割を果たします。
葬儀は厳粛な儀式ではありますが、会場が殺風景ですとより悲しみを誘ってしまいます。
遺供の心を慰め、亡くなった方のご冥福をお祈りする意味で、葬儀における花はとても大きな意味があります。

供花とは、式場や祭壇を飾る為に供える花のことです。
お悔やみの気持ちを伝えるという意味合いがあります。
会社名や個人名が入っている場合もあり、式場や祭壇の装飾を行う目的があります。
献花とは、参列者が1人ずつ祭壇に供える花のことを言います。

キリスト教式の葬儀では、お焼香の代わりになる儀式です。
亡くなった方へ手向ける花と捉えて頂くと良いです。
1人1人が花を取って、祭壇の上に置いていく、というやり方で行います。
花は、あらかじめ用意されたものを用いて行います。
供花や献花に用いる花は、宗派や地域によって異なります。

仏式と神式の葬儀では、白色の菊、蘭、百合などをで作られた花輪や花かごを用います。
祭壇に合わせてスタンドやフラワーアレンジメントを用いることもあります。
基本的に白い花を用いますが、亡くなった方の好きだった花を飾ることもあります。
関西の仏式では樒を用います。

キリスト教式の場合は、白い百合で生花であることが決められています。