Pocket

一般的に通常の葬儀を執り行う場合では、お布施と呼ばれているものを用意することが基本とされています。お布施は全国各地で採用されているものになり、古い時代から利用されてきた方式になります。主にお坊さんに対して支払うことを目的としているものになり、お礼の一種として捉えることができます。葬儀の種類によっても変わることになり、例えば簡易的に行う方法や、充実した内容を持って行う場合もあり、近年では家族葬などとして身内だけで葬儀を行う方法も注目されています。

 

葬儀の種類とお布施に関しては少しの関係があり、東京での葬儀の場合では5万円程度から15万円程度とされていることが一般的になります。お布施の内容としては、お経を唱えることについてのお礼を指している部分が大きいものですが、細かく分類するならば車代として支払うことが必要な内容と、お膳料として会食に出席されないことの変わりとして支払う内容を持っていたり、戒名料なども有名な項目として知られています。特に戒名に関しては現在では付けない方も存在しているのですが、一般的には文字数が多いほど高額になるとされているものになり、内容通り立派な戒名とされているものは高いお布施を用意することが必要になります。しかし、決して相場というものは決定事項とされていることではなく、その全ては心にあるとされているために、一般的な常識的な範囲にて用意することが東京でも望ましいこととされています。